お客様が喜ぶ顔を見るために

ラーメン屋開業の道のりで、まずはなんといっても大切なことはおいしいラーメンを作ることのできる「腕」です。
自分で納得のいくラーメンを探し当て、何度も試行錯誤を重ね、時には尊敬するラーメン店の店主に頭を下げて腕を磨いたりして、お客さんに出すことのできるラーメンを完成させている経営者もいるのです。
満足のいくラーメンが作れるようになったら、今度は店舗探しです。
一番よいのは、賃料がかからない自宅を改装して出店することですが、これはなかなか条件に合うような場所や広さの所に家や土地があるという人は少ないため、店舗探しとなります。
人通りが多くてよいと思うと賃料が高く、賃料が安いとお客さんが来なそうな3等地で・・・この条件に、自分が切り盛りできるだけの大きさの店舗を見つけなければなりません。
もちろん、このために、銀行で借りたり、自分でためたりして資金集めも必要です。
店舗が決まると自分の好みに改装して出店を目指さないといけないため、ここでも趣味を押し通してしまうと値段が張るし、かといっていい加減では済まされないため、お金をかけるべき個所はかけて・・・と、裁量が求められます。
改装が終わるといよいよ・・・と迫ってきますが、今度は宣伝の必要があります。
ネットやチラシなどで興味を惹くよう宣伝していき、いよいよ開店へとつながります。
とても長い道のりとなりますが、自分のお店をオープンした後は、「おいしい!」というお客さんの笑顔を糧に頑張れる、素敵な将来が待っているかも知れませんよ。

Leave a Reply